動画情報:2016年11月8日瀋陽でのコンサート(親和力プロ)

中国の動画サイトで、2016年11月8日に瀋陽で行われたコンサートの模様がなかなかの映像、音質でアップされているので紹介します。
おそらくカツァリス未公認です。

2016年11月8日 瀋陽音楽学院ホール
アップしている人がファイル名、曲順を間違えてアップしているので訂正しています。

1. カツァリス:即興演奏(https://v.qq.com/x/page/w315607dzx1.html
2. シューベルト:ソナタD.960(https://v.qq.com/x/page/u3156rcsfft.html
3. ジャン=バティスト・ルイエ:クーラント ホ短調(https://v.qq.com/x/page/b3156bvbttv.html
4. ゴドフスキー:ルネッサンス第10番(https://v.qq.com/x/page/c31560olprf.html
5. フォンタナ:マズルカ Op.21-2(https://v.qq.com/x/page/a31562kyogi.html
6. ショパン:マズルカ Op.64-7(https://v.qq.com/x/page/z3156bredm6.html)ファイル名が間違っています
7. カツァリス:ありがとうショパン(https://v.qq.com/x/page/q31566p2pb4.html)曲順が間違っています
8. ヨハン・シュトラウス2世:ウィーン気質より(https://v.qq.com/x/page/d31560qoj2u.html
9. リスト(カツァリス編):ピアノ協奏曲第2番(ソロバージョン)(https://v.qq.com/x/page/x31563auu5w.html
10. マルチェロ(バッハ編):アダージョ(https://v.qq.com/x/page/v3156cy3a76.html)曲順が間違っています。

明らかにカメラ数台(固定だけど)・マイク・曲名タイトル表示などきっちり作成している動画なのに、オフィシャルに上がっていないということはなんらかの理由で許可していないと思われます。
同時期の北京公演の映像でも最初に違うバージョンがアップされてカツァリスが怒っていましたので、これも結局本人が気に入らないのではないかと思います。

カツァリスの2021年はサン=サーンス?

2020年の音楽界は全世界的にベートーヴェンイヤーが不発に終わったわけですが、いまのところ2021年のカツァリスの来日公演もその予定です。(葛飾だけショパン)
しかし、カツァリスとしては2021年はどうもサン=サーンス推しのようです。サン=サーンスは2021年は没後100年となります。
というのも、2021年5月5日カツァリス満70歳の日にパリで誕生日コンサートが予定されていますが、そのプログラムが下記のとおりです。

バッハ:前奏曲(幻想曲) BWV922
モーツァルト:幻想曲 K.396
ブラームス:間奏曲 Op.117-2
シューベルト:ピアノソナタD.960
サン=サーンス(ガルバン編):動物の謝肉祭
サン=サーンス:ギーズ公の暗殺 Op.128

バッハは2000年のオールバッハプロ以来、そのほかはいつものレパートリーですが、後半2曲がサン=サーンス。ガルバン編の謝肉祭は既存レパートリーで、最後の「ギーズ公の暗殺」が新レパートリーです。この曲はよくカツァリスの出すクイズで「世界最初の映画音楽の作曲家はだーれだ?」というものの答えとなる曲です。1908年に作られた世界初の映画音楽のオリジナルスコアとして(しか)有名でない曲をサン=サーンスのアニバーサリーイヤーかつ自身の70歳バースデーコンサートの最後の曲にもってくるとは、やっぱり2021年もカツァリスはカツァリスなのだなあ。。。
まさか日本でフィルムコンサートとか? この曲だけじゃなくて他の映画も組み合わせて勝手にカツァリスが音楽付けてやったら面白いかも?
 

更新記録:ディスコグラフィーに「モーツァルト初期ピアノ協奏曲オリジナル作品集」を追加

ディスコグラフィーのPIANO21ページに、2020年6月から配信限定販売となっている「Original Works Used for Mozart’s Concertos」を追加しました。
モーツァルトのピアノ協奏曲は第1番K37から第4番K41と3つのピアノ協奏曲K107は同時代の作曲家の編曲を組み合わせたものとされており、これがその元ネタとなっているオリジナル作品だけを集めたアルバム。
サイト直リンク先はこちら。
絶賛配信中のピアノ協奏曲全集は来月全部配信が終わってからまとめて掲載します。

ウェブラジオ情報:11月13日にBR2で1984年のハンガリー幻想曲が放送

日本時間11月13日の昼12:03から、ドイツのバイエルン放送BR2で、1984年のハンガリー幻想曲の演奏が放送されます。何度か再放送されていますが、燃え燃えのおすすめ演奏です。

リスト:ハンガリー幻想曲
ピンカス・スタインバーグ指揮ザールブリュッケン放送交響楽団
1984年1月27日ドイツ・ザールブリュッケン

このときはめずらしい悲愴協奏曲も演奏されていますが、今回はハンガリー幻想曲のみです。
1984年といえば、初来日前年でN響との同曲の演奏よりも前のものです。カツァリスの演奏もとにかくやりたい放題で、オケ伴奏も繊細さのカケラもなく、でも逆にいまとなってはそれが魅力的です。
未聴の方はぜひ。

BR2番組表
https://www.br.de/radio/bayern2/programmkalender/ausstrahlung-2298120.html

参考ページ
カツァリス未発売音源・映像

カツァリス:モーツァルトピアノ協奏曲全曲シリーズをダウンロード販売実施中

私も今ころ気づいてびっくりしましたが、CDではVolume7までの発売で止まっていたモーツァルトピアノ協奏曲の全曲シリーズですが、アマゾンやアップルストアなどでダウンロード販売が今年7月ころから順次開始されており、11月くらいまでに全曲配信完了されそうです。
ややこしいのは、CDではVolume1-7でランダム発売してきたものをいったん無かったことにして、あらためてVolume1からシリーズを開始しており、今回はおおよそ1番から順番に配信開始しているため、なにが何だかわかりませんでした。また現在ちょうど配信もVolume7までの発売なので従来のCDの配信だと思うので、普通は気づきません。今回Volume8の発売予定が目に入ったので「!!!???」となって気づき、調べた結果が下記のとおりです。本当に勘弁してほしいです。

現在までのCDでの発売状況
Vol.1 : 13番(K415) / 22番(K482)
Vol.2 : 23番(K488) / 17番(K453)
Vol.3 : 24番(K491) / 18番(K456)
Vol.4 : 21番(K467) / 16番(K451)
Vol.5 : 8番(K246) / 14番(K449) / 15番(K450)
Vol.6 : 7番(K242) / 10番(K365)
Vol.7 : 27番(K595) / 5番(K175) / ロンド(K382)
(カデンツァのバージョン違い収録内容は割愛)

ダウンロード販売の状況(青太字のものがCD未発売の曲です)
Vol.1 : 1番(K37) / 2番(K39) / 3番(K40) / 4番(K41) 
Vol.2 : 3つのチェンバロ協奏曲(K107) / 5番(K175) / ロンド(K382)
Vol.3 : 6番(K238) / 8番(K246) / 13番(K415)
Vol.4 : 7番(K242) / 10番(K365)
Vol.5 : 9番(K271) / 11番(K413) / ヴァイオリンとピアノのための協奏曲(Anh.56)
Vol.6 : 12番(K414) / ロンド(K386) / 17番(K453)
Vol.7 : 14番(K449) / 15番(K450) / 16番(K451)
Vol.8 : 18番(K456) / 19番(K459)  Apple Store 9月25日配信開始予定
Vol.9 : 20番(K466) / 21番(K467)  Apple Store 10月16日配信開始予定
Vol.10 : 22番(K482) / 23番(K488)  Apple Store 10月23日配信開始予定
Vol.11 : 24番(K491) / 25番(K503)  Apple Store 11月13日配信開始予定
Vol.12 : 26番(K537) / 27番(K595) Apple Store 11月20日配信開始予定

Vol.8以降はAppleでは配信予定がでていますがアマゾンはまだです。しかしほぼ同じ時期だろうと思います。

さらにこれに加え、1番ー4番と3つのチェンバロ協奏曲は他人の作品の編曲とされていますが、このオリジナルバージョンを収録したものもダウンロード販売中です。
Original Works Used for Mozart’s Concertos (K. 37, 39, 40, 41 & 107) 当然これもCD未発売。

それから、AppleでもAmazonでも検索が難しいので、「カツァリス」「Katsaris」などでいろいろ試してください。特にVol.4/5/12 はそれではひっかかりませんので、「Various Artists Mozart Piano Concertos」で検索してみてください。

それにしても、なぜこんなややこしいことを人知れずやってるのか腹立たしいですが、商売下手はいつもの通りですし、後期の好きな26番などがでてくるから、まあいいか・・・。

カツァリスのオンラインマスタークラス参加者募集

最近やたらFacebookの投稿が増えて、ヒマなんだろうなーと思ってましたが、こんなことを考えてたとは!

なんとオンラインでマスタークラスをやってしまおうという企画。
かっつぁんも内職がんばらないと大変なのだろうなと思いますのでまとめてみました。

開催日時:
時差がありますので、下記の日程がアジア向けです。
2020年
9月20日  パリ時間07:00−12:00(日本時間14:00−19:00)*この日だけサマータイムに注意
10月25日 パリ時間07:00−12:00(日本時間15:00−20:00)
11月29日 パリ時間07:00−12:00(日本時間15:00−20:00)
12月20日 パリ時間07:00−12:00(日本時間15:00−20:00)

応募方法:
1) どの曲を演奏したいか、演奏可能な日時と時間帯を明記した自己紹介のメールを cyprienkatsaris2020@gmail.com まで送る。
2)確認メールを受信した後、支払いはPayPalのオンライン決済サイト(またはアプリ)を介して、cyprienkatsaris2020@gmail.com まで。
3) 支払いが確認された後、登録が有効となり、マスタークラスセッションのグループと接続できるZoomインターネットリンクが送られてくる。

受講料金:
1時間のレッスン(その日の他のレッスンの聴講も含む)200ユーロ
聴講のみ 50ユーロ

必要なもの:
音と映像をキャプチャするために、コンピューターやタブレット、スマートフォン。電子キーボード、またはピアノ(がベスト)、だそうです。

問い合わせは申込先と同じ、cyprienkatsaris2020@gmail.com のメリッサ宛まで。
なお、日本の招聘元レガーレさんでも問い合わせ、申し込みフォロー、通訳の相談など受けてくれるようです。cdt.legare@jcom.home.ne.jp

Zoomって以前のSkypeよりはだいぶ安定してますが、音楽レッスンをそれでできるかどうか・・・。かなりインターネット環境に左右されると思います。
それにしても、以前はPCはおろか携帯すら持とうとしなかったかっつぁんが、最近はスマートフォン、タブレットを駆使し、とうとうZoomでレッスンまでするようになるとは!!!

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。