Concert : 1997年来日公演データ

1985年 / 1987年 / 1988年 / 1989年
1991年 / 1993年 / 1994年 / 1996年 / 1997年 / 1998年 / 1999年
2001年 / 2004年 / 2006年 / 2008年 / 2009年
2010年 / 2011年 / 2013年 / 2014年 / 2015年 / 2016年 / 2017年 / 2018年 / 2019年
2020-21年 / 2022年
 

1997年1月 カツァリス ピアノ五重奏団のメンバーと来日
1月19日 草津文化芸術会館 A Aプロ
ハイドン ピアノ三重奏曲 第27(43)番
モーツァルト ピアノ四重奏曲第1番ト短調
ブラームス ピアノ五重奏曲へ単調

Bプロ
ハイドン ピアノ三重奏曲 第27(43)番
マーラー ピアノ四重奏曲 イ短調 断片
フランク ピアノ五重奏曲 ヘ短調

Cプロ
モーツァルト ピアノ四重奏曲第1番ト短調
マーラー ピアノ四重奏曲 イ短調 断片
フランク ピアノ五重奏曲 ヘ短調

協奏曲
モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番
(トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ)

1月20日 大阪 ザ・シンフォニーホール B
1月22日 カザルスホール A
1月23日 紀尾井ホール C
1月24日 川西市 みつなかホール A
1月25日 福岡 シンフォニーホール A
2月1日 三鷹市芸術文化センター
(トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ)
なんと、カツァリスの名を冠した五重奏団。このころまで、目立った室内楽での活動はしておらず、カツァリス人気にあやかった日本向けの企画ものがと思いきや、ヨーロッパでもこの時期結構活動しており、それなりに当時は気のあった仲間とはじめた活動だと思われる。しかし、やはり、というべきか、いろーんな理由で長続きせず、活動休止。それ以来現在にいたるまで、特定のカルテットと室内楽演奏を続けるということはしていない。

エルネ・セヴァスチャン(Vn)
ペーター・ブレム(Vn)
ヴィルフリット・シュトレーレ(Va)
クリストフ・ヘンケル(Vc)
シプリアン・カツァリス(P)

来日公演パンフレット・チラシ
1997年7月 ヤマハ主催ツアーで来日。
7月18日 松本市 音楽文化ホール 東京公演以外
シューベルト:「楽興の時」より第6番変イ長調D.780ー6
シューベルト:即興曲(遺作)D946-2
シューベルト:レントラー組曲より
シューベルト(リスト編):セレナード/水車屋の男と小川/アヴェマリア
ショパン:ピアノソナタ第3番

東京公演
シューベルト:「楽興の時」より第6番変イ長調D.780ー6
シューベルト:即興曲(遺作)D946-2
シューベルト:レントラー組曲より
シューベルト(リスト編):セレナード/水車屋の男と小川/アヴェマリア
シューベルト:ピアノソナタ変ロ長調D960

7月21日 石川厚生年金会館
7月22日 仙台 青年文化センター
7月25日 東京国際フォーラムCホール
 
ずいぶん前から、小ホールの演奏会ではヤマハのピアノを好んで弾くことが多くなったカツァリス。それにヤマハが目をつけ、ツアーを企画。シューベルトのアニバーサリーイヤーなのでシューベルト中心の十八番で4公演。これ以降、地方でのヤマハ主催ツアーがたびたび開かれることとなった。

来日公演パンフレット・チラシ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。