Concert : 1989年来日公演データ

1985年 / 1987年 / 1988年 / 1989年
1991年 / 1993年 / 1994年 / 1996年 / 1997年 / 1998年 / 1999年
2001年 / 2004年 / 2006年 / 2008年 / 2009年
2010年 / 2011年 / 2013年 / 2014年 / 2015年 / 2016年 / 2017年 / 2018年 / 2019年
2020-21年

1989年9月・11月-12月 モーツァルト・ブラームスの正統派プロ。コンチェルトはラヴェル。
9月14日 東京ベイヒルトンホテル 「Hanako」創刊1周年記念コンサート
11月26・29日 サントリーホール(日フィル共演) 日フィル名曲コンサート
  ラヴェル: ピアノ協奏曲 ト長調
 大友直人指揮

ソロは全て同プログラム
モーツァルト:幻想曲ハ単調K475
モーツァルト:ピアノソナタ第14番
ベートーヴェン:ピアノソナタ第31番
ブラームス:ピアノソナタ第3番  

12月1日 茅ヶ崎市民文化会館
12月2日 宇都宮グランドホテル
12月4日 鹿児島県文化センター
12月5日 大分文化会館
12月7日 昭和女子大学人見記念講堂
12月9日 大原美術館絵画室
12月11日 大阪 ザ・シンフォニーホール
12月12日 名古屋 電気文化会館
12月14日 オークホール
12月15日 福岡郵便貯金ホール
12月18日 大泉町文化村ホール
12月20日 東京 津田ホール
このころ、「編曲物のカツァリス」などというイメージが定着してきた。と、いうことはゲテモノ扱いなわけで、当時、清水和音がインタビューで「そういう変な曲はカツァリスに任せて・・」などと発言していたような記憶が。そんな中、いままでから一転、モーツァルトとブラームスの正統派曲の初披露となった。ブラームスのソナタの実演はこの年のみ。
最終日の津田ホール公演のベートーヴェンソナタは2003年にPIANO21のベートーヴェンアーカイブシリーズに収録された。
コンチェルトは日本フィルに初登場してラヴェル。ラヴェルのコンチェルトはこの年と2017年の関西フィルのみ。
なお、この年は9月に雑誌「Hanako」の創刊1周年記念の読者招待コンサートのためだけに謎に1日だけ来日している。

来日公演パンフレット・チラシ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。