Concert : 2004年来日公演データ

1985年 / 1987年 / 1988年 / 1989年
1991年 / 1993年 / 1994年 / 1996年 / 1997年 / 1998年 / 1999年
2001年 / 2004年 / 2006年 / 2008年 / 2009年
2010年 / 2011年 / 2013年 / 2014年 / 2015年 / 2016年 / 2017年 / 2018年 / 2019年
2020-21年

2004年10月 ~ア・トゥリー・オブ・ザ・モーツァルト~
10月14日 王子ホール
 Aプロ
Aプロ
L・モーツァルト:ピアノ・ソナタ第3番
L・モーツァルト(キャメロン編):おもちゃの交響曲
L・モーツァルト:ナンネルのための譜面帳よりメヌエット第5番/第11番
W.A・モーツァルト:5歳の習作より
 メヌエット ト長調 K.1(1e)
 メヌエット ヘ長調 K.2
 アレグロ 変ロ長調 K.3
 カプリッチョ K.395(300g)
W.A・モーツァルト:ナンネルのための4つのプレリュード K.284a
フランツ・クサーヴァー・モーツァルト:
 6つの憂鬱なポロネーズ ホ短調 Op.17
 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」のメヌエットによる7つの変奏曲
W.Aモーツァルト(カツァリス補完):歌劇「後宮よりの逃走」より 序曲とアリア
W.Aモーツァルト(フンメル編):交響曲 第40番 K.550

Bプロ
シューマン:蝶々Op.2/予言の鳥Op.82-7
シューマン:花の曲Op.19/アラベスクOp.18/子どもの情景Op.15
ショパン:ワルツOp.34-2/夜想曲Op.9-1
ショパン:夜想曲Op.48-2/練習曲集Op.12-9/Op.25-4/12
バッハ:トッカータとフーガBWV565(カツァリス編)

10月17日 志度音楽ホール
 Aプロ
10月18日 神戸新聞松方ホール
 Bプロ
10月19日 武蔵野市民文化会館
 Aプロ
10月20日 白寿ホール
 Bプロ

 
招聘元が変わって、PIANO21のアルバム、モーツァルトファミリーと編曲集の発売と同時に行われた来日公演。両アルバムからメインの曲で構成。フンメル編曲のモーツァルト交響曲40番がベートーヴェンに続く久しぶりの交響曲編曲物。
そして、地味にこの年のハイライトは、白寿ホールで弾いた、ショパンのエチュード。3曲だけだったが、なんとOp.25-12大洋エチュードを弾くというサプライズ。前日夜遅くまで練習していたようだが、このときと2006年に少し弾いただけで、その後もう弾かなくなってしまった。

来日公演パンフレット・チラシ

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。