Concert : 1994年来日公演データ

1985年 / 1987年 / 1988年 / 1989年
1991年 / 1993年 / 1994年 / 1996年 / 1997年 / 1998年 / 1999年
2001年 / 2004年 / 2006年 / 2008年 / 2009年
2010年 / 2011年 / 2013年 / 2014年 / 2015年 / 2016年 / 2017年 / 2018年 / 2019年
2020-21年 / 2022年
 

1994年10月 ワーグナーとシューベルトのゴリゴリ編曲物プログラム。カツァリスバブルがあっけなくはじける。
10月10日 笠懸野文化センター A

モーツァルト室内管弦楽団演奏会
 モーツアルト:ピアノ協奏曲第12番、シューマン:ピアノ協奏曲
 (門 良一指揮)

日フィル第464回定期演奏会
 シューマン:ピアノ協奏曲(クリスチャン・マンデアル指揮)

NHK交響楽団第1243回定期演奏会
  モーツアルト:ピアノ協奏曲第12番(ウーヴェ・ムント指揮)

Aプロ
シューマン:子供の情景
リスト:アルカデルトのアヴェ・マリア
リスト:孤独の中の神の祝福
ワーグナー:黒鳥館への到着
ワーグナー(リスト編):イゾルデ愛の死
ワーグナー(ブゾーニ編):神々の黄昏より葬送行進曲
ワーグナー(ラフ編):ニュルンベルクのマイスタージンガーの回想第4番

Bプロ(シューベルティアード)
シューベルト:楽興の時変イ長調D780-6
シューベルト:アレグレットD915
シューベルト:ピアノ小品D946-1,2
シューベルト:即興曲変イ長調D935-2
シューベルト:レントラー組曲D366,D790,D420
シューベルト(ゴドフスキー編):朝の挨拶/愛の使い
シューベルト(リスト編):セレナード/水車屋の男と小川/アヴェマリア/ます

10月11日 秋川キララホール
10月12日 大阪 ザ・シンフォニーホール A
10月13日 大阪厚生年金中ホール(モーツァルト室内管弦楽団共演)
10月15日 名古屋 電気文化会館
10月16日 豊橋市コンサートホール B
10月18日 オーチャードホール
10月20・21日 サントリーホール(日フィル定期)
10月23日 オーチャードホール B
10月24日 大泉町文化むら大ホール B
10月26・27日 NHKホール(N響定期)

 
ピアノ好きなら涙物のものすごいプログラム。両プロでまったく違う顔をみせながら、技術と音楽性で圧倒された。とくにシューベルトリストの歌曲集は、3回目の日本公演での披露だが、数を重ねるごとに単なる「編曲物」の域を越えている。そんなことははじめからわかってるが、本当にすごかった。シューベルトの鱒は弾かなかったように記憶している。
そしてこれがカツァリスらしいのだが、前年ショパンで人気が出たにもかかわらず、わざと裏切るかのような「編曲もの」プログラム。しかも、当時移籍したソニークラシカルから発売した「ワグネリアーナ」からワーグナーの編曲物って・・・。前年、ショパンでキャーキャーいって集まった人たちには、至極不評だったらしく、そのような人たちはコンサート会場から姿を消し、翌年より、以前の会場風景に戻るのであった。合掌。。。
ソロは編曲物だったが、コンチェルトは日フィルとシューマンをやり、このときの録音はPIANO21からCD化されている。N響で巨匠ウーヴェムントと弾いたモツ12番も何気に名演だった。

来日公演パンフレット
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。