Concert : 1987年来日公演データ

1985年 / 1987年 / 1988年 / 1989年
1991年 / 1993年 / 1994年 / 1996年 / 1997年 / 1998年 / 1999年
2001年 / 2004年 / 2006年 / 2008年 / 2009年
2010年 / 2011年 / 2013年 / 2014年 / 2015年 / 2016年 / 2017年 / 2018年 / 2019年
2020-21年

1987年4月 初の全国ツアー。シューベルト、シューマンを初披露。サントリーホールにデビュー。
4月13日 川越市民会館 《Aプロ》
シューマン:子供の情景
リスト:孤独の中における神の祝福
ベートーヴェン(リスト編):交響曲第3番「英雄」

《A´プロ》
Aプロのリストの代わりに
シューベルト:即興曲(遺作)D946-1,2

《Bプロ》
シューベルト:即興曲(遺作)D946-1,2
シューベルト(リスト編):歌曲より
  セレナーデ/愛の使い/アヴェマリア
  水車屋の男と小川/鱒
グリーグ:叙情小曲集より
  アリエッタ/民謡/スケルツォ/春に
  鳥/蝶/エロティック/ワルツ/ホームシック
  民謡/ノルウェーダンス/小人の行進
ワーグナー:トリスタンとイゾルデより愛の死
タルベルク:ロッシーニの「モーゼ」の主題による幻想曲と変奏曲

4月14日 宇都宮市文化会館小ホール
4月15日 浜松市福祉文化会館
4月16日 藤沢市民会館
4月20日 大阪厚生年金会館中ホール
4月21日 岐阜 中津川文化会館
4月22日 名古屋 電気文化会館コンサートホール
4月24日 東京 簡易保険ホール
4月25日 郡山市民文化センター中ホール A´
4月26日 東京 サントリーホール A
前回から約1年半後、とうとう全国ツアーが行われた。東京では、最終日にサントリーホールでも行われ、ようやくコンサートピアニストとして認知されはじめた。しかし、大阪では厚生年金中ホール。この年、カツァリス友の会に入会した管理人は、事前にチケットの売れ無さを聞いていたが、やはり寂しいものであった。しかし、演奏は期待を裏切らない出来栄え。英雄を難なく弾きこなす技術と、シューマンを聴かせる音色の美しさに、ただただ脱帽。この「英雄」の名演奏に、ある評論家は当時「それでもオケで聴きたい」などとトンチンカンなことをいっていたが。。。Bプロは現在でもカツァリスの十八番であるシューベルト-リストの歌曲集が初披露されたが、予定していたタルベルクは直前で変更になったはずだが、代わりに何になったかは忘れた。。。 また、この年から、名古屋と東京が新しいプログラムというのがしばらく定着する。

来日公演パンフレット・チラシ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。