カツァリスは100人に入らないのか

えー、プチネタを。
こんなページでカツァの名前を見つけてしまいました。
ぴろこさんの口から「カツァリス」の名前がでるのもなんだが、あんたギリシャ人じゃないよ、カツァは。
そんなことよか、あんたが選んでる100人の中にカツァリスは入らないんかい? 2006年が最後ってか・・。

ちなみに文中触れられているショパンコンクールのパーティの件だが、以下は有名な話。

コンクールが終ったあと、審査委員長のツェルニーステファンカの主催でパーティが行なわれた。で、余興で彼女が「ここにいる皆さんは世界で最も優れた見識を持つ素晴らしいピアニストです。どうぞみなさん。1人5分づつでいいですから皆さんの味わい深いピアノをお聞かせください」
意地悪なのかなんなのか、そんな提案をしたものの、さすがに審査員同士が集ってる中で、うっかりとした演奏もできず、誰も手を上げるものがいなかったところ、我がカツァが、本人いわく「5分だけのつもり」で弾いたそうだ。それも、例の白鳥の湖とかラフマニノフの主題による即興演奏を。
ところが、いつものごとく、弾き出したら止まらないカツァリス。一気に30分くらいやって、大喝采だったそうな。
ぴろこさん弾かなくてよかったのう・・。

コメントをお待ちしております

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。